婚活で出会った変な人達

この記事は 婚活 Advent Calendar 2018 - Adventar の16日目の記事です!

婚活、とくにマッチングアプリを使っていると、なかなかツッコミを入れたい気持ちになることが多いです。
メッセージ内容や、いいねをくれた人のプロフィールを見て感じた、当時の裏つぶやきをお届けします。2016年頃の話です。
残念な内容が続くとかなり心が荒んでいくので、激しいツッコミもあるかもしれませんがご容赦ください。

 

  •  知らない人からメッセージで一言だけ「好きです」って…
  • 全くやりとりしてない初メッセージで「必ず一生幸せにします」重い!
  • 「友達がおらず寂しいので恋人を探しています」まず友達作ろう!
  • 「すごく素敵だなーと思っメールしました」が同じ人から2回来た。誤字が同じだし使い回し感満載。
  •  「おうじさま」ってハンドルネームの人も大概やないか?
  • 休日の過ごし方欄に「家でのんびりか遊びに行きます」って情報量ゼロだな!!!そりゃどっちかだろうよ!!
  • 「相手の理想の身長は160~163cmです」に笑ってしまった。狭すぎない!?
  • 50〜60代でも相手は20代希望という人が多すぎる
  • 「かわいいですね。少しエッチなところもある僕ですが、お話ししませんか?」通報しますた
  • 日本語でおk
f:id:Gateau:20181110232601j:plain
  • 「気がついたらあっという間に年齢を重ねてしまい、ヤバいと気付いて登録しました」という意味だと思うけど、49歳なのでもっと早く気付いて欲しいし、解読不要な日本語を書いて欲しい。
  • マッチングアプリの悪い点は、こういう変な人がたくさんいて、使っていると自分も同じに感じてしまうことだと思う
  • 今やりとりしてるのはあなただけですってメッセージ、一途さを出したいのかもしれないけど正直プレッシャーだし、後から「お前のために課金してたのに」みたいな逆ギレ来そうで怖いよ
  • 「一つの県に一度行ったぐらいで制覇とは言えないのでは」いきなり謎の説教をされた。(※自分のプロフに、47都道府県制覇を目指して旅行していることを書いてた)
  • 恨みを買わないようなお断り文言考えるのでまた精神持ってかれてる。「会ってみてどうでしたか?」って、わざわざ明言させないで、自然消滅させてくれ~~ 
  • ほんとww 日記みたいなメッセージ送り続けてくる人なんなのww 知らん人の今日のご飯とか全く興味ないwww
  • マッチングアプリのプロフィールで「家族を大切にしている方が良い」と書いてるのを見ると、「大切にしたいと思える家族がいるかは生まれ次第だろーが」とひねくれて読んでしまう
  • 50歳で子供を「必ず欲しい」の人は現実を見てほしい…とはいえ「いつかは」だといくつまで生きるんだよってなるし、「分からない」「希望しない」だと介護要員探しかなってなるので、正解は無かった
  • 「まずはメッセージから」と言うけど、「まずはメッセージするに値する人間かどうかわかるようにプロフィールを埋めてくれ」と思う
  •  プロフィールで説教、滅入る…
f:id:Gateau:20181110233148j:plain
  • 相手に希望することに「カードキャプターさくらインラインスケートに憧れた人」という超絶ピンポイントな上に「年齢:20~24歳」って実在しないのでは。30過ぎで20代前半を希望し、かつ話題や価値観は自分の世代と同じを求めるのおかしいって気付かないのかな… 
  • いきなり「映画は好きですか?」ってメッセージ来るの2人目だ。私のプロフには映画なんて一言も書いてないのに。自分の趣味の話題を振りたくて仕方ないのかな。
  • 無駄に相手のプライドを傷つけたくないので年収を若干下にサバ読んでたんだけど、正直な数字に変えたらそれまで全く来なかった年下からのアプローチがめっちゃ来る。
  • 「好みのタイプは社民党福島瑞穂です」これは新しいwww
  • 新年一発目の残念メッセージです 
f:id:Gateau:20181110233914j:plain
  • 42歳で年収250-350万、写真にキスプリ載せてて、「相手を思いやる気持ちだけはあります!」と言いながら1ヶ月以上一方的にメッセージを送り続けてくるおっさん…
  • 「ゴルフ好きな人が良いです。でも僕が教えたいので、上手すぎず興味がある人が良いです」自分を変えたくはないし、上に立ちたい気持ちが正直100%だ。
  • 「可愛くて可愛くて一番気になってます」と言われると「外見で選ぶような方とは話したくありません」と返したくなる
この後、写真を載せることに改めて抵抗を感じ、顔がわかる写真を全部消して退会しました。 
使っているだけで精神を削られるしお金も時間もかかるしで、自分には合いませんでした。スルースキルが高い人、マメな人は向いてます。

 

 男性へ:

マッチングアプリでうまくいかない、返事が来ないなどなど、女性に対して不満があるかもしれませんが、こういう残念な方の相手で疲れてたりするんです!

あとアプローチはめっちゃ来るのでうまく書いてないと埋もれます。

でも逆にマトモな人だったり、共通点や特徴的なことがある人は何とかなると思います。コツを掴んで頑張ってください!

女性へ:

これを読むと「ヤバい人しかいない…」と思うかもしれませんが、いくつか理由があります。

自分のプロフィールがいまいちで良い人に見てもらえなかった可能性は大いにあります。主に顔。

あとはアプリによりますが、アクティブで男性を引きつけてくれる女性ほど男性の課金を続けさせてくれるので、検索で上位に出たりします。

自分は忙しくてアクティブではなく下の方にしか出ない→下の方にまで見る人は、たくさんの人に相手にされなかった残念な方が集まる、というロジックだったのではと。

なので積極的に使って自分からもアプローチするのが攻略のコツだと思います。アプリによるし、他にも色々コツはあると思うので、むしろ詳しい人に聞いてみたいです。

 

使い方次第なのでマッチングアプリを悪く言うつもりはありません。
人がたくさんいると、良い人もそうでない人もいるというだけです。
出会いはまだまだ課題が多いので、革命的サービスの誕生に期待してます!

自分が実践した婚活とその戦績

この記事は 婚活 Advent Calendar 2018 - Adventar の2日目の記事です!

一時期、早い内に婚活した方が良いと思いいろいろなサービスを試していました。

20代の内に手を打たないと圧倒的に不利になると考えていたからです。(私は女性)

どんなサービスを試したか、紹介してみます。

 


婚活パーティ(アエルラ、アイムシングル)

どちらもオタク向けの恋活・婚活パーティです。何度か行って、マッチングしたこともあります。

どちらの方が良いとはあまり思いませんでしたが、行くパーティを選んだり事前準備をしたりは大事です。

パーティはいろいろとコツがあり男性向けに紹介したいので、時間があれば別エントリで書きます。

心得るべきは「ライバルは他の男ではない」ということです。


マッチングアプリ(youbride、match.com、ゼクシィ恋結び)

パーティでは一度に出会える人数が限られているので、マッチングアプリに移行していきました。

いくつか試した中で、自分視点で一番合う男性と出会いやすかったのはmatch.comです。

このサービス、元は海外製でめちゃくちゃ使いづらいんですよ。特にアプリはひどくて、PCでないと全然使えない。

なので、PCをよく使う=エンジニアの方が多かった印象で、話が合いやすかったです。

アプリエンジニアとしては、アプリの出来は良い方が良いに決まってると思ってたので複雑な気持ちではあります…

この手のサービスでは珍しく女性も有料なのと、同性のプロフィールも見れるのが特徴的で、同性パートナーを見つけたい人はわりとこれ一択では?

同性のプロフィールを見ていくと、自分が見劣りしてないかチェックも出来て便利です。

 

マッチングアプリではメッセージのやりとりはしてたのですが、実際に会うのはやはりハードルがあって2名にとどまりました。

1名はなんと私と同じくウーパールーパーを飼っている珍しい方で、もう1名は…かなり残念な思い出となりました。

あとは、ま〜〜〜〜〜変な人も多かったので別エントリで紹介します。


友人の紹介

マッチングアプリは変な人をフィルタリングする労力が途方もないのもあり、何人かにセッティングしてもらいましたが、なかなかうまくいきませんでしたね。
自分の特徴として、2回会うところまではいくけども3回目の誘いが来ない、という傾向があります。

これはオフラインで話すのが向いている話題なので興味あれば声かけてください。


相席屋

一度行ってみましたが、コミュ障なので初対面の人と長時間話すのがつらかったですw
ガス系の仕事をしてるという方と相席になり、「私も前ガス会社で働いてたんですよ!」と共通点をアピールしたら「あっ、その会社お客さんだ…」と言われて立場が… :innocent:

一緒に行った友達は楽しかったようですが、本当コミュ力次第でした。
30歳以上限定の店舗なんかもあります。


恋人プランナー

thebridge.jp

期待していたのですが、終了してしまいました。

待っているだけでプランナーが好みに合う人を紹介してくれるサービスで、登録には友人からの紹介文が必要という、女性目線で安心出来るサービスでした。

とても気に入ったのですが、恐らく女性目線過ぎて男性が集まらなかったのではと思っています。

2名紹介していただき、1名は私が会う希望するも相手が希望を出さず、1名は自分の好みに合っておらずで終了しました。

だって、要望を3つだけ書けるのに、その3つの内1つにしか合ってなかったんだもん…

こういう新しい視点のサービスはもっと増えていってほしいです。


習い事(ジム)

出会い目的になりすぎない方が良いって言いますよね。

習い事でついでに出会いあるかなと思ったんですが、黙々と筋トレして終わりました。筋肉はつきました。

たぶんスタジオとかやらないと他の人と喋る機会はありません。

 

他でいうと、 結婚相談所(ゼクシィ縁結びカウンター)は予約がいっぱいで取れなかったので行きませんでした。人気すごい。

JoinUsや肉会などのアプリも入れてみただけで、実際会うところまでは勇気が出ませんでしたね。

 

あとは契約結婚の相手を募集したことがありました。

逃げ恥と同じように、単に家事契約のつもりで恋人募集のつもりは全くなかったのですが、応募してきた方々は皆、恋人・結婚目的だったようです。

「婚活に見えていた」ということで婚活アドベントカレンダーでまた別エントリを書きたいと思います。

 

かなりいろいろ婚活は試して、パーティでマッチングしたり、アプリでメッセージをしたり会ってみたりはしましたが、恋人になるというところまではいきませんでした。

この理由もいくつか心当たりはあるので別エントリかな?

ネタがいっぱいで書き切れなさそうです…!